2008-4-14 ココログから引っ越してきました。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年7月27日 日曜日 その17 江戸東京博物館のつづきです 参拝

参拝

DSC09609s.jpg DSC09611s.jpg 
 お札です

江戸時代はお寺への参拝が江戸庶民の楽しみであった。

遠くは、お伊勢参り、金比羅参り、信濃の善光寺などが有名であった。

これらのお参りは、庶民の観光旅行でもあり、その道中を書いたのが、東海道中膝栗毛(十返舎一九)である。

また近くでは、板東観音札所、秩父観音札所などの百観音巡礼、成田山新勝寺参り、鹿島神宮、香取神宮参拝などが有名。

ちなみに講とは、みんなでお金を出し合った積立貯金のようなもので、講でえらばれた数名が、代表して参拝する。有名なのでは、伊勢講、富士講などがある。

スポンサーサイト
Copyright © ニュースピリチュアルワールド. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。